マッサージで快適な日常

マッサージの癒しの効果に着目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マッサージを語る

マッサージ・按摩・指圧師という国家資格があります。
ところでマッサージと按摩は、どう違うのか知らない人が多いですよね。
しかも実際、同じように扱われることが多いようです。

でも実は大きな違いがあるのです。

マッサージの語源はギリシャ語です。
そしてマッサージはヨーロッパで民間療法として活用されていました。
それが後に、医療法として見直されていきます。
現在では医療分野でも研究され活用されていますね。

一方、日本では、按摩が発達していました。
がそこに、明治時代ごろ、マッサージも導入されたと言われています。

マッサージは、服の上から、または皮膚に直接、心臓に近いほうに向かって施術をしていくのが特徴です。
按摩は、その逆で、心臓から遠いほうに向かって施術していきます。
マッサージの基本手技には軽擦法、揉捏法、圧迫法、叩打法などがあります。
さすったり、もんだり、押したり、たたいたりして、血液の循環をうながしていきます。
また、筋肉の緊張もほぐしていきます。
ですので、スポーツの前後に行うことが多いのです。
最近では、医療業界だけでなく、美容効果も注目されているのがマッサージですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。