マッサージで快適な日常

マッサージの癒しの効果に着目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スポーツマッサージ

スポーツマッサージの効果としては、疼痛の軽減、筋緊張の緩和、浮腫の軽減、筋疲労の軽減、結合組織の粘・弾性の改善、循環の促進、新陳代謝の促進、精神的リラクゼーション、免疫機能への作用などがあげられます。

これらのうち疼痛に対するマッサージの生理学的作用として、Malkinは、1965年にMelzackとWall、が提唱したシナプス前抑制による鎮痛のメカニズムである門制御理論に基づいて、マッサージによる皮膚入力がAβ線維のような太い直径の線維を刺激し、脊髄後角内の膠様質細胞を促通することによって、T細胞が抑制され、結果として、疼痛に関する求心性インパルスの上行が抑制されるとしています。

マッサージによる疼痛軽減のメカニズムとしては、この他に、疼痛閾値の上昇、エンケファリンやエンドルフィンなどの疼痛抑制物質の産出などが報告されています。

また、マッサージによる疼痛の軽減に関する臨床研究としては、腰痛症に対する報告が比較的多く検索されますが、医療技術評価の世界的なプロジェクトであるコクラン共同計画が、1966年から1999年までに発表された腰痛に対するマッサージの効果に関する論文の系統的総説を行った結果では、マッサージ単独の治療効果を検証するには、ランダム化比較試験の条件を満たす研究が少ないなど研究方法論上の問題が多いため、より質の高い比較試験の実施が必要であると指摘しています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。