マッサージで快適な日常

マッサージの癒しの効果に着目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

奥が深いマッサージの歴史

マッサージの語源・・・皆さんしってますか?

マッサージの語源はギリシャ語のマッシー、ラテン語の手、アラビア語のマス、ヘブライ語の触るが語源とされているらしいですね。

紀元前4世紀ごろ、ギリシャの医聖ヒポクラテスが他の医師たちに対し「マッサージの研究をもっとするべきである」と必要性を説いたといわれています。

しかしその主張は国民の胸には届かずその後医学としてマッサージが伝わることは無く、民間療法になったとされています。

次はフランスの医師で、アムグロアスバレーという人物がマッサージの効能や必要性、医療術を研究し

フランス中にマッサージの効果を強く主張し、すこしづつではあるがマッサージ療法が医療法として見直されるようになったといわれています。

このへんからだんだんと現代の医療的なマッサージになってきたといわれています。

そして最後がスウェーデンのバー・ヘンリック・リング、この人がマッサージを現在の医療術の一つとして認められるようにしたのです。

つまりこの3人がいなければ現代のマッサージはありえなかったということになりますね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。