マッサージで快適な日常

マッサージの癒しの効果に着目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マッサージを語る

マッサージ・按摩・指圧師という国家資格があります。
ところでマッサージと按摩は、どう違うのか知らない人が多いですよね。
しかも実際、同じように扱われることが多いようです。

でも実は大きな違いがあるのです。

マッサージの語源はギリシャ語です。
そしてマッサージはヨーロッパで民間療法として活用されていました。
それが後に、医療法として見直されていきます。
現在では医療分野でも研究され活用されていますね。

一方、日本では、按摩が発達していました。
がそこに、明治時代ごろ、マッサージも導入されたと言われています。

マッサージは、服の上から、または皮膚に直接、心臓に近いほうに向かって施術をしていくのが特徴です。
按摩は、その逆で、心臓から遠いほうに向かって施術していきます。
マッサージの基本手技には軽擦法、揉捏法、圧迫法、叩打法などがあります。
さすったり、もんだり、押したり、たたいたりして、血液の循環をうながしていきます。
また、筋肉の緊張もほぐしていきます。
ですので、スポーツの前後に行うことが多いのです。
最近では、医療業界だけでなく、美容効果も注目されているのがマッサージですね。

PageTop

血・気の流れに指圧

指圧は、文字通り指で圧を加える手法です。
しかし、それだけではなく、他にも手による多くの手法も使用します。
血の流れを良くして、神経系の回復や痛みを和らげる効果が期待できますね。

指圧は国家資格を必要とします。
歴史としては明治末くらいから発展を遂げてきたものとされていますね。

マッサージと指圧は現在では、分ける部分が難しくなっています。
東洋医学に基づく指圧は、経絡の考えの血・気の流れに働きかけ、患部にゆっくりと圧を加えて血流や気の流れ、神経系に働きかける効果があります。
指圧はリウマチ治療などにも盛んに取り入れられていて、特に触って幹部を診断する触診などの技術が進んでいます。

また、ご家庭で指圧を行ないたいと考えた時も、特別な知識や技術はともかくとして、難しく考える必要はありません。
人に行なう場合は、相手に痛みなどを聞きながら、指圧を行ってあげれば、ちゃんとした効果を期待できると思います。
家族や恋人、友人などで行い、健康な毎日に指圧を役立てることは可能です。

PageTop

女性の為の腸セラピー

昨今では珍しい言葉でもなくなってきた感のある腸セラピー。
そんな腸セラピーは多くの女性を悩ます便秘の解消によく活用されています。

手法としては、大腸や小腸、そして骨盤辺りを手でもみほぐします。
それらを柔軟にしたり刺激を与えることで機能を正常に近づけてゆくという考え方です。

腸セラピーは様々な理由で弱くなってしまった腸の働きを、手の平や指でほぐしたり刺激を与えることで、正常な状態に戻していきます。
オイルなどを使って、肌に直接おこなう場合もあり、服の上から施術する場合もあります。

さて、そんな腸セラピーで腸の働きが正常になると、代謝や消化機能が高まるという効能が得られます。
それにより、便秘の解消や体質改善が見込めます。
さらに女性なら気になるダイエット効果が期待できます。
そこが人気の秘訣かもしれませんね。

最近では腸セラピーを専門にしているお店もありますが、一般の治療院やサロンでもメニューの一つとして、施術が受けられるところもあります。
ただし、一定の効果を出すためには、何回か施術を受けないといけない場合もあるので、その確認もしてくださいね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。