マッサージで快適な日常

マッサージの癒しの効果に着目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サプリメントでバストアップの注意

バストアップの手段としては、サプリメントを使う方法もありますが、利用する前にサプリメントを摂取するということにある程度リスクがともなうことを知っておく必要があります。

バストが大きくならなかった原因のひとつに女性ホルモンが活発に分泌されなかったと言うこともあります。
バストアップサプリメントには女性ホルモンを分泌させる働きもあると思うのですが、こういった作用があるサプリメントを安易に摂取しても大丈夫かどうか、できれば摂取する前に医師に相談するなどしても良いと思います。
日常、既に自身の身体のバランスは、女性ホルモンが少ないことによって保たれていると思いますので、サプリメントを摂取することでバランスを崩してしまうことになりかねないからです。

また、現在婦人科に通っていて薬を飲んでいるなどといった場合には、余計に医師に相談をしておく必要があると思います。
薬とどう関係してくるか分からなく、自己判断が一番怖いものなので、婦人科から処方されている薬にホルモン系の調整をしているようなものがあった場合に、逆にサプリメントを摂取することで働きを鈍らせてしまう可能性もあります。

また、サプリメントは医師からきちんと処方されている物ではありません。
万が一、粗悪品を摂取してしまった場合、アレルギーを起こしたり思わぬ事態を招いてしまったりする可能性もないわけではありません。

スポンサーサイト

PageTop

バストアップをするためのストレッチ

バストアップをするためのストレッチの方法です。
参考までにどうぞ。

バストアップの為のストレッチ1

1.あまり重すぎない本を2冊用意して両方の脇に挟みます。
最初の内は軽い本から始めて慣れてきたら徐々に重くしていきましょう。
2.本を脇に挟んだまま、肘から手までの部分を床と水平になるように上げて伸ばします。
3.肘から手までの部分を下に下げます。
4.2~3を10回ほど繰り返して行います。
最初の内はこれくらいの回数で行い、徐々に回数を増加して行きましょう。
このストレッチを行うことで筋肉が鍛えられるのでバストアップ+姿勢も正すことができる様になります。

バストアップの為のストレッチ2

1.姿勢を正します。
胸を張った状態でお腹に力を入れて引っ込めます。
手は自然な感じで下ろし、足は肩幅に開いて立ちます。
2.両手は軽く握った状態にします。
3.両手を真っ直ぐにして床と水平になるように伸ばします。
この時手のひらが上に向くようにして握った小指が触れあうようにします。
4.肘を曲げて手で顔を覆い隠すような感じにします。
5.肘を曲げた状態のまま、腕を思いっきり広げます。
6.腕を広げたり戻したりの作業を20回ほど繰り返して行きましょう。
この方法では大胸筋が鍛えられるので、バストアップの効果が期待できます。

PageTop

ビタミンB6でバストアップ

バストアップを行うためには、身体のなかに栄養が必要となります。
そのなかでも女性ホルモンの分泌を活発化させるビタミン類を摂ることが有益であると言われています。

そして、ビタミンB群のなかでもビタミンB6に関して言うと女性ホルモンであるエストロゲンを代謝させるために欠かせない栄養素となります。
かと言って、単純に大量のビタミンB6を摂れば良いというわけではなく、ちゃんと適量と言われている量があります。
ビタミンB6の適量は1日あたり大体100mgくらいになります。
この量は、それほど多い物でもなく、例えばバナナにはビタミンB6が含まれているのですが、3本食べるとビタミンB6の摂取し過ぎと言うくらいの量です。
またビタミンB6はバナナのほかにも、卵、鮭、鰯などにも含まれていますが、これらも2個半くらい食べてしまうと摂取し過ぎと言うことになります。

またバストアップのセルフケアは、即日効果が出るものではありません。
長い時間をかけて積み重ねていくことが大事です。
食事の工夫も1日だけでなく、計画的に行なってください。

PageTop

姿勢が悪い人のバスト

バストアップは、ただ単純にバストサイズを上げるだけではなく、垂れているバストを上げたり、張りを出したりすると言う意味も込められています。
それでは実際にバストアップをするときで大切なことは何なのでしょうか。
それは良い姿勢を常にしていることです。
これは、猫背になってみて、自分のバストを見てみるわかります。
そうすれば、垂れてしまっていることが実感できると思います。

そのように姿勢が悪い人は自らバストが垂れてしまう状況を作ってしまっているのです。
ですので、常に良い姿勢を保つことにするのが大切だと言うことになると思います。
姿勢が悪い人が急に良い姿勢になろうとしても最初は意外と大変です。
ゆるんで緊張感が無くなってしまった筋肉をまた常に緊張させていなくてはいけませんから。
バストが垂れるというのは胸の筋肉がゆるんでいると言うことになるので、とりあえずは胸の筋肉を緊張させて行くことからバストアップができるように頑張っていきましょう。

また、バストが垂れてしまったり萎んでしまったりするのは、出産して授乳期が終わった頃が危ないとも言われています。
授乳期にはおっぱいを赤ちゃんにあげるので乳腺が活発に活動しています。
ですからバストも張りも出るのですが、授乳期が終わってしまうと乳腺自体が役目終了と言った感じで活動を止めてしまいます。
そうなるとバストも垂れたり萎んだりしてしまうことになってしまいます。
こう言った状況を改善させるためにマッサージやエクササイズをします。

PageTop

バストアップをする上で大切なこと

バストアップと言う物は、バストサイズを上げると言うだけのことではなく、垂れているバストを上げたり張りを出したりすることも含まれています。
それでは実際にバストアップをする上で大切なことというのは、リンパマッサージ 渋谷以外に何なのでしょうか。
その答えは、良い姿勢を常にしていることです。

猫背になってみて、自分のバストを見てみると垂れているのが実感できると思います。
ですので姿勢が悪い人というのは自らバストが垂れてしまう状況を作ってしまっていると言うことになります。

バストが垂れるということは胸の筋肉がゆるんでいると言うことですので、まずは胸の筋肉を緊張させて行くことからバストアップができるように頑張っていきましょう。

また、バストが垂れてしまったり萎んでしまったりする状況としては、出産して授乳期が終わった頃が一番危険だと言われています。
授乳期にはおっぱいを赤ちゃんにあげるために乳腺が活発に活動していますが、授乳期が終わると乳腺自体が役目終了と言った感じで活動を止めてしまいます。
そうなるとバストも垂れたり萎んだりしてしまうことになってしまいます。
こう言った状況を改善させるためにはマッサージやエクササイズ、豊胸手術、リンパマッサージ 東京などと言った方法があります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。