マッサージで快適な日常

マッサージの癒しの効果に着目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

腰痛に効くツボ

腰痛の原因には、長時間のデスクワークや、準備体操不足の運動、もともとの姿勢の悪さなど、日常生活における様々なことが挙げられます。
その他にも、椎間板ヘルニア、脊椎分離、老化による変形性脊椎症など、骨の異常によっても生じます。
更には、婦人病や癌などによっても、腰痛が起こる可能性はあります。
もしも、原因がなんらかの身体的な病気である場合、その治療を受けることが、まずは大事です。
針灸治療も含め、ツボ療法は、それらの治療に並行して行うのが良いでしょう。

さて、姿勢の悪さなどによる腰痛の場合は、ツボ治療が非常に効果的となります。
適切なツボに刺激を与えることで、腰部の筋肉に滞っていた疲労物質が取り除かれますので、痛みを緩和させることが可能です。
腰痛に有効なツボは、腰の腎愈や志室です。
腎愈は、腰の規準線から背骨の突起へ、親指幅ふたつ分ほど、上へいったところで、そこから、人差し指と中指の2本分外側です。
また、志室は、腎愈の左右、人差し指と中指2本分外側のところです。
また、足ツボだと、陽陵泉です。
陽陵泉は、膝関節の直下の、外側にある空豆大の骨の直下です。

腰痛の場合、家庭でツボ療法を行うという際には、まず、痛む部分の皮膚に触れることから始めます。
そして、熱をもっているかどうかを確認しておきます。
急性のギックリ腰のような場合、患部が炎症をおこして、熱をもっている可能性があります。
その場合は、まずは腰部を冷やす必要があります。
それから、指圧や、物を使って突付くように刺激していきます。
熱をもっているときには、なるべく離れた、遠いところから行うようにしてください。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。