マッサージで快適な日常

マッサージの癒しの効果に着目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アーユルベーダ5000年の長い歴史

アーユルベーダは、体・心・魂に働きかける効果があると言われています。
ですのでストレス解消や美容などの面で大きく注目されてきていますね。
体と心、全体にアプローチする事ができるのがアーユルベーダの特徴と言えます。

アーユルベーダの発祥はインドの賢者達によって体系化されたものと言われています。
なんと5000年という長い歴史から生まれた医療法だと言われています。
アーユルベーダの基本思想から、肉体・心・魂の3つから人は成り立っていて、この3つがバランスよく維持されていることが健康であると言われます。
バランスの悪い状態が不健康なわけですね。
アーユルベーダは印法という名としても知られているように考え方的には中国の漢方と似ていますね。

アーユルベーダでは、五大元素から人も含めて全てのものが成り立っていると考えられています。
このバランスを整える為に、主にオイルを使用したマッサージを行います。
それによって「ラサ(血漿)、ラクタ(乳糜)、マーンサ(筋肉)、メーダ(脂肪)、アスティ(骨)、マッジャー(骨髄)、シュックラ(生殖組織)」の働きを促し、精神と肉体の回復をはかる。。。その手法がアーユルベーダの基本理念になります。

特別な名称で伝えると分かりずらくなるかも知れませんが、アーユルベーダを行う事により、血流を促し、毒素を体外に排出してくれる働きなど、心と体に多くの良い効果が期待できるのは、他のマッサージと共通しています。
最近では、女性の美容としてもアーユルベーダは、とても人気がありますし、教わったアーユルベーダを自宅で取り入れている人も多くいますね。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。